DIARY(ブログ)

MICHIKO meets 聡子

3月19日にNHK連続テレビ小説「カーネーション」のイベントがありました。そこで、ミチコがようやくミチコにあたる聡子役の安田美沙子さんとお会いする事ができました。

この日は、コシノ三姉妹とカーネーションに出演者さんが一同に集まりました。
ロンドンから毎日インターネットで「カーネーション」を見ているミチコにとっても特別なイベントでした。



19日当日にロンドンより帰国したミチコは、1回目のギリギリに会場入りしたので、安田美沙子さんとはランウェーの上が初対面となりました。花束をわたしてハグしているミチコの目に、そして安田美沙子さんの目にも涙があふれているのを見て、私達スタッフも涙ぐんでしまいました。

お互い、とっても会いたがっていたんだなぁと改めて感じられました。

そんなミチコに安田美沙子さんの初対面の感想を聞くと、「初めて会った気が全然しないの。不思議ねぇ〜」と、また「テレビを見ていても、演技に全然みえなかったのだけど、本人も聡子とギャップが全然無く、とても親しみ易かった」と感激していました。

今回、この為に聡子のイメージで作った衣装についても「すっごく似合っていて嬉しい。想像どおりだった。喜んで着てくれているのが、また本当にうれしかった」と大喜びでした。





ドラマを見ている人から、「聡子ちゃんが、みっちゃんに見えるときがある。とか雰囲気が似てる」とか言われるのは、「マラソンをしていると聞いたけど、その性格の根底にあるスポーツ魂というか、そういうものが一緒だからかもしれない」と分析。「ときどき、どっかで自分の様子を見られてたんじゃないか?と思うほど、そうそう、そんなだったと思う時がある位、自分を理解して演技して貰えてるのが驚き。キャスティングした人もスゴいわ!」とミチコも言っている安田美沙子さんの演技、社内でも「今日のあのシーンみたぁ??」と盛上がるほど、スタッフから見てもミチコとダブる時があります。

ミチコはロンドン在住の為、お姉様方のようなメディア露出も無く色々な面で役作りには苦労されたと思いますが、本当にミチコの心情まで細かく理解されているのには、本当に驚きです。

ミチコに会った時に、「自分も転校が多かったりしたので、寂しさなどは共感ができる」とおっしゃっていた安田美沙子さん。先日の『あさイチ』でも、夏木マリさんから頂いたバッグに『おかあちゃんは、いつも聡子を見ています』というメッセージが入っていた話をされながら、「これが、聡子を演じるうえのテーマだった」というのを聞き、本当にミチコを理解されていると感じました。

ロンドンのショーが終わり、その映像を日本に持ち帰る役目の私に、「おかあちゃんに送っといてね」と毎回の事なのに念を押すミチコと、毎回「ショーの映像はまだ?」と帰国早々に連絡を入れて来た綾子先生を思い出しました。

| - | 2012.03.26 Monday 15:58
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2012 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RSS